MMD+Kinect DxOpenNIのコンパイル方法 - TK's HP

TK's HP ホーム » スポンサー広告 » kinect » MMD+Kinect DxOpenNIのコンパイル方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MMD+Kinect DxOpenNIのコンパイル方法

DxOpenNI.cppをコンパイルしてDxOpenNI.dllにする方法のメモです。

まあDxOpenNIをコンパイルしようとする人なら、こういう記事書かなくても大丈夫だとは思いますが、
一応まだ書かれていないっぽいので書いておきます。

○依存環境
OpenNI
Visual C++
DirectX SDK
まずはこれらをインストール。


○コンパイル方法

Visual C++を立ち上げる。

メニューバー -> ファイル -> 新規作成 -> プロジェクト を選択する
Win32 プロジェクトを選択する
名前はDxOpenNIなどと適当に付ける
次へ進み、アプリーケーションの設定 -> アプリケーションの種類 -> DLL を選択
追加のオプションで空のプロジェクトを選択し、完了を選択。

ツールバーのDebugをReleaseに設定

ソリューションエクスプローラー内、ソリューション -> プロジェクト を右クリックし、プロパティを選択
構成プロパティ -> VC++ ディレクトリ -> インクルードディレクトリ -> 編集 を選択

C:\Program Files\OpenNI\Include
C:\Program Files\ Microsoft DirectX SDK ***\Include

を追加する。
同様に
構成プロパティ -> VC++ ディレクトリ -> ライブラリディレクトリ -> 編集 を選択

C:\Program Files\OpenNI\Lib

を追加する。
OKを押して確定。

ソリューションエクスプローラー内、ソリューション -> プロジェクト -> ソースファイル を右クリックし、
追加 -> 新しい項目 を選択
「C++ファイル」を選択し、追加します。
名前は適当にmainとかで大丈夫です。

ダウンロードしたDxOpenNI.cppから先ほど作成したmain.cppにソースをコピペします。

保存して、メニューバー -> デバッグ -> ソリューションのビルド をクリックします。

これでDxOpenNIのコンパイルができます。

出力は以下の場所にされます。
C:\Users\ユーザー名\documents\visual studio 2010\Projects\DxOpenNI\Release\DxOpenNI.dll

適宜配布されているdllと置き換えて遊んでみて下さい。




本当はスクリーンショットとか撮っていたんだが、結局挫折して文字だけになってしまった。

これだけでも↓が簡単に作れます。
関連記事
記事に間違いなどがあればすぐに訂正いたしますので、コメントしてください。
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tclip.blog.fc2.com/tb.php/109-e5da9853

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。