Linux C++でpipeのstreamクラス(pstream) - TK's HP

TK's HP ホーム » スポンサー広告 » プログラム » Linux C++でpipeのstreamクラス(pstream)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Linux C++でpipeのstreamクラス(pstream)

pipeのstreamクラスが無いかな~?

と思って探したけど日本語ページが無い・・・。
簡単に見つかるのはここくらい。

gnuplotに使う目的だから別にこれを使っても良かったけど、せっかくなので、もう少し公式的なものが無いかを検索。

日本語では見つからないので、嫌々ながら英語のページを検索。

見つかったのが以下の2つ
PStream
pipestream (socket++)

英語で探せばgoogleで一番上にでてくるorz。
やっぱ英語頑張らないといけないですね。

どちらもしっかりと作られていると思います。

でも使うのはPStreamの方が簡単そう。
理由は単純でapt-getでインストールできるから(笑
一応PStreamはbasic_iostreamを、pipestream (socket++)はiostreamを継承していることから普段使っているstreamクラスに近いのがPStreamっていう理由もあるんですけどね。


インストール

sudo apt-get install libpstreams-dev




使い方はpstreams/pstream.hをインクルードして、using namespace redi;で使えるようになります。

例えばgnuplotを使うときは

#include <pstream/pstream.h> //<>を小文字に変える
using namespace redi;

int main()
{
opstream gp("gnuplot -persist");

gp << "set term x11" << endl;
gp << "plot 'data.dat'" << endl;
}


のようにやればOK。
ほとんどfstreamと変わらないので簡単に使えます。

他にもいろいろと機能が有りそうだけど、使わないので放置で。






関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tclip.blog.fc2.com/tb.php/61-09dbde10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。