Ubuntu10.04インストールメモ - TK's HP

TK's HP ホーム » スポンサー広告 » linux » Ubuntu10.04インストールメモ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ubuntu10.04インストールメモ

Ubuntu9.10があまりにもだめなので、Ubuntu10.04をインストールしてみたときのメモ。

GUIでアップグレードすると失敗しやすいらしいので、今回は最初からインストールしなおし。

ついでにいろいろとミスって使えていなかった150GBくらいのHDDパーティションを復旧した。


*Live-Diskの作成
Ubuntuの公式サイトからデスクトップ版 日本語 Remix イメージを拾ってくる
Ubuntuのシステム管理の「スタートアップ・ディスクの作成」から行う。
書き込むファイルに拾ってきたisoファイルを指定。
USBメモリは2Gを使用。
画面の指示に従って作成。

*Ubuntuのインストール
USBからUbuntuを起動してインストールを選択。

画面の指示に従ってインストールを行う。

パーティションは自分で設定する。
自分で設定するの画面でどれがWindowsかを調べておく。
Windowsを消さないように(NTFS以外はだいたい大丈夫)Ubuntu用のパーティションをあける。
今回は50Gぐらい確保。

作成で論理パーティションを選択し、
 スワップ領域 : 4G // メモリと同じサイズ
 ext4 : 10G マウントポイントをルート'/'に設定
 ext4 : 残り マウントポイントをホーム'/home'に設定

ホームを分けておくと再インストールが楽らしい。
今回は未使用領域を使用できるようにするために初期化してしまったので意味は無かったが・・・。

画面に従って作業を進めると完了



*GRUBの設定
インストールした際にGRUBがうまく初期化できなかったようで、grub rescueが起動した。
電源を切って再度USBで起動しなおしたところ、USBなのにWindows 7 とか表示されたので、どうやらUSBにGRUBが書き込まれたようだった。
正しくGRUBの設定をするために、/dev/hdbがハードディスクだったので、

$ sudo grub-install /dev/hdb

を実行し、再起動したところ、正しく起動できた。

このままではWindows7を使用するのが面倒なので、GRUBの設定を前回のOSを選択するように/etc/default/grubを設定。

$ sudo jed /etc/default/grub
GRUB_DEFAULT=saved に変更
GRUB_SAVEDEFAULT=true を追加
$ sudo update-grub2


で編集した。



*感想
今回はバックアップを取らずに再インストールしたので、GRUBが起動しないときは驚いた。
自分でUSBから作るのは初めてだったが、意外と簡単にできた。
うまくいってよかった。
関連記事
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://tclip.blog.fc2.com/tb.php/88-11d9f7a0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。